mom’s diary - 母目線で色々と。

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

04

21:52
Wed
2013

No.0553

交流会



二学期もあっという間に始まってしまいましたが
夏休み中の出来事です(^^;

お盆前に小学校の支援学級の交流会がありました。

一学期の参観日のあとに保護者同士の親睦会があり、
色々お話しさせてもらったりする機会がありました。
その時に、先生方から夏休みに皆さんで集まりませんか?との提案がありました。
夏休みでも気遣って下さってありがたい。
とても良い案だと思いました。

それで夏休みに現実に開催♪
保護者同士親睦も深めながら子供達も楽しく遊ぼう!と、
水風船釣りや、ビー玉取り、シャボン玉などなど遊びタイム。

シャボン玉に喜ぶ娘ちゃん♪
兄は皆とは関わらずマイペース(^_^;)
畳のある部屋で読書。
いつもそうやって過ごしてるんだな。と知る事が出来ました。


遊びのあとは家庭科室で焼きそば&おにぎりパーティ!

息子もおにぎり作り頑張ってました!
たくさん食べていたし嬉しかったんだと思います♪

母もお母さん達から色んな得する情報もゲット出来たり、
お喋りして楽しかったです。

こんな会を夏休みに開いてくれた支援学級の先生方には感謝します゚.*・。゚☆
スポンサーサイト
05

07

18:02
Sat
2011

No.0387

障害者スポーツセンター

障害者スポーツセンターの存在は勿論、だいぶ前から知ってましたが、
なかなか行くきっかけがなくいけませんでした。


療育手帳を申請してから(申請についての記事はこちら)無料で利用出来ると知り、
行ってみました。

勿論、手帳持ってない人でも遊べるし、100円200円と安いです。


施設内は、息子の大好きなトランポリンがあり超はまってます!

やはり飛び跳ねる事が好きな方多いんでしょうか。いつもいっぱいです。

小さい子は思ったより少なく、大人が多いですねぇ。やはり体だけ大きくなって
発散して運動する場所も少ないし、こうゆう場所って大切だなぁと思いながら
眺めてました。

1
↑写真の後ろに写ってますね。


あとはプレイルームがあったり、
2

大人気で待ち時間長いですがボウリングもあります

遊びながら時間つぶして3時間待ち(!)のボウリングしたりしてます。

ボールプールもあるんですが、体の大きな方が寝てたりして
娘ちゃんは入れずだし、何でも口に入れるのでちょっと…と言った感じですが(・・;)

初めて行った時は当たり前ですが障害者が多く、夫と共にショックを受けてたのですが
今では付き添い一人まで無料だし室内なので雨の日でもOKだしラッキーと思うようになり
良い遊び場見つけた!って感じです。


プールもあるしスクールとかも色々やってるのでオトンと参加するそうです。

息子は2歳半からスイミングに通っていました。息子の特徴を伝えて対応してもらってるものの
コーチもバイトか?って程若い人が多く、よく分かってないんでしょうね。
色々あり、通いずらくなったので続けたかったのに4歳の時に泣く泣く辞めました。

何か習い事をさせたくても通える所もなく、悲しい思いをしてたので
こうゆう場所でスイミングとかもやってるのは嬉しい事です。


行きだしたのはこれまただいぶ前の話なんですが
今では時間があればオトンと何回も行って今一番の“行きつけの場所”になってます(^^)




11

30

11:45
Tue
2010

No.0351

就学時健康診断。

11月頭に小学校にて就学時健康診断がありました。


小学校には見学の時に行ってるので嬉しそうにルンルンだった息子。
同じ保育園の子にも何人か会って皆いるし、安心した様子でした。

“いちねんせい”はとても楽しみにしてるみたい



でも、最後の最後で凹み、帰りは悶々と考えながら
落ち込みモードで帰ったと言う出来事がありました。。。








» Read more!

09

17

15:22
Fri
2010

No.0321

教育相談と小学校見学。

だいぴさんも来年の春にはピカピカの一年生です。


保育園での集団生活はいつもと違う事があると
戸惑うけど、それ以外はちゃんと過ごせてるみたいです。

先生方の声かけや配慮があるからだろうな~と
感謝しています。

(でも、付いてなくても一人で出来たり、周りを見ながら
出来てる事の方が多いようです。スゴイッエライッ☆)


このまま保育園でいときたいな~みたいなね^^;


小学校もやっぱり配慮して欲しいので就学前準備として
市の相談機関で教育相談に行き始めてます。


「4月に入ったらすぐ電話するといいよ~」と
一つ上のY君のママが色々情報をくれて(感謝☆)たけど
すっかり忘れていて電話したのが7月末。。

ものすごく混んでると言われ。。。

Y君ママ曰く、新学年始まってこの生徒は怪しいぞって
教育相談に持ち込むから後になればなるほど混むみたいやで~と
教えてくれました。。。納得。。。



でも、2週間ぐらいで連絡が来て、来所日はすぐ決まりラッキーでした。
8月の話で約1ヶ月前のはなしです^^;

教育相談ではまず初めに、支援学級に抵抗はないか?みたいな事を
遠まわしに聞かれました。

私は「ぜひ!お願いします!」とすぐお願いしたので
話はどんどん進みました。


色んな入学までにこれをしといた方がいいとかアドバイス
もらえました。

次は来週ですが(ホントなんやかんや忙しすぎるこの頃。。。(×_×;))
定期的に相談に通う場所が出来て心強いです。

小学校にも通して伝えて下さるみたいだし。



そう、その時に「小学校見学はもう行った?」と
言われ「え?」とビックリ。


「教頭に電話してぜひ一度は行ってね」との事。

親が直接電話する事にまたまたビックリ。。

2学期が始めると忙しくなるだろうから(運動会とかあるし)と、
すぐ電話しました。

教頭先生に電話するなんて緊張しまくり~~~~!!


電話してみると“大阪のおっちゃん”って感じ(笑)で
とても感じよさそうでホッ。


教室と子供達の様子、支援学級の教室・プレイルーム(気持ちを切り替えたりする教室)など
2学期が始まった先日、見学に行きました。

“初めての事に戸惑う”息子の為、一度見せてた方が
良いと思ったのでもちろん息子も一緒に。

ってか、夫も仕事休みとって一緒に。家族4人総出で(笑)



教頭先生は不在でいなかったのですが対応してくれた先生や
支援学級の先生・主任、すれ違う先生方、良い方ばかり。


息子も
「一年生になったらここに通う」って事を理解したみたいで
嬉しそうでした。


実際、支援学級の教室には中に入って机に座って
馴染んでました^^;

パニックになってる子が一人いて騒然としてたけど
他の子は慣れてるかのように普通に授業進めていて
息子もビックリしてたようですが机に座ってました(笑)

先生は「入ってくるだけでもすごい!」と褒めていましたが、
私もビックリでした。
人のマリオの筆箱とかあさってた(爆)


息子の通う小学校はこの少子化のご時世には珍しく、
子供が多い学校です。
4クラスあるそうです。
どんどん開拓されてマンションもたくさん建築されてきてるので
まだまだ増えるでしょう。。。

その中で良いお友達が一人でも二人でも出来るといいなぁ。
マンモス小学校で良かった~と思いました。
(お友達の子の通う事になる小学校は1クラスしかないらしい・・・^^;)


そうそう、さっそく支援学級の中にいた女の子に
授業終わってから休み時間に遊ぼう~と言われてましたよ^^



色々話も聞けて夫とともに安心しました。

主任の先生がとても熱くて色々胸に響く言葉をかけて下さいました。
もちろん厳しい言葉(親が頑張らなアカンと言うニュアンスの事)も。。

ものすごく有り難かったです。

なんとこの先生、定年で来年はいないんだそうな。。残念。。




見学、行ってよかったです。

夫と二人、ひとまず安心したね~と話しながら帰ってきました。



そうそう、大通りを挟んだ小すぐ近くに小学校あるんですが
学区の関係でそこではなく、少し距離がある所の小学校なのです。。
(大通りを子供に渡らせない通学路でそうなったと思われる。。)


今回、時間をはかって歩いて行きましたが、だいぴさんの足で15分くらいかな~。
ちゃんと通えるかな・・^^;あはは・・・



小学校入学まであと7ヶ月・・・
相談に通いながら、息子が楽しく通えるように。。
準備して行きたいと思います。。







*******



09

14

12:48
Tue
2010

No.0319

療育手帳

先日、療育手帳の交付のため、判定の検査に行ってきました。

(療育手帳とは知的に遅れのある方に交付される手帳です)


家庭児童相談室で“自閉傾向”と言われたのが3歳1ヶ月の時。
その時に初めてK式発達検査を受けました。

手帳の判定もB2と言われてました。

(療育手帳にはB2(軽度)B1(中度)A(重度)と3段階あります)


しかし、その時は“自閉傾向”があると淡々と言われ
ただただ目の前が真っ暗になって、すぐに受け止める事なんて
もちろん出来ませんでした。

一緒に付いて来てくれた家児相のT先生が帰り道に励ましてくれるのも
その時は耳に入らず、苛立ちさえおぼえたものです。。。



その時期は、そんなはずない!治してみせる!とまで思っていましたから(汗)




なので手帳の交付は、私的にですよ、証明書をもらうような感じで
ものすごく抵抗があったので申請しませんでした。




それから月日がたち、私も昔に比べると受容出来るようになってきました。


でもでも、凹む事多々ありですけど。。
子供がいっぱいの場所に行くと
「こんなにいる中でナゼうちの子だけが。。」
と考えてしまうのも未だにあります。正直。


でも、治してみせる!は間違いであったり^^;、
ゆっくりながらも成長し、苦手な事にも頑張ってる
息子を見て私も育てられたと思います。

育児は“育自”なんて言った人偉いわ。。そのとーり!



そんなこんなで小学校に上がる前に手帳の交付をしよう!と
やっと思えたわけです。

そう思えるまで3年の月日が要りましたね。。
3歳だった息子も6歳です。


区役所に問い合わせると、やはり期間があいてるので
もう一度判定の検査受けて下さいとやっぱり言われ。。。^^;


ものすごく混んでるんですよね。
発達障害も今ではTVでもよく特集とかされるし、
知ってる人が増えたからなのか相談機関、病院、、etc・・・
激混みですね。


この日を半年程待ちました。(私の出産もあったってのもありますが)



さて、K式検査は年少の時に通ってた療育でやった以来なので
かなり久しぶりです。






判定は、、、、、

B1でした。


3年前はB2だったのに。。
かなりブルーでした。

その時のコンディションや検査する人によって
変動はあるだろうけど。
検査してる時から「こんなのも出来ない?!」と
もうめちゃめちゃ凹みました。


出来る事ももちろんありましたが、やはり認知の面が
不得意だと見受けられました。




そんなこんなで凹みまくり、2日ほどブルーでした。。

保育園の担任や主任の先生に話しを聞いてもらったり、
同じ発達障害のY君のお母さんにメールして励ましてもらったりして
また前向きになれました。感謝です。

Y君は手帳交付までいかない軽度の子です。
PDDの診断ついてるみたいですが、お母さんと二人、
アスペルガー傾向が強いよねと話してるほど
知的にも遅れはない子なのです。

なのでY君ママは「手帳もらえていいやん!色んな援助うけれるやろ~」
と言ってて、確かに手当てがおりたり、付き添いの分まで公共の交通機関の
割引が受ける事もできるしラッキーじゃん!と思えました。笑

そんな風に明るく思えたからY君ママに感謝しました。



交通機関の割引はホント助かります。
療育や医療機関に通ってるので交通費も馬鹿にならないからです。

この手帳の更新行った往日も往復代、結構いってますからね~。


障害者スポーツセンターも通えるし、こうなったら
ジャンジャン活用してやります!笑





まぁ、数値などで見ると確かにまだまだなのかもしれないけど
息子は確実に成長してるし、そこもしっかり見て褒めてあげたい。
そう思わせてくれた出来事でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。